ロジム講師・スタッフの考えていること

Read Article

よいお年を 2013年大晦日

2013年、野村はとにかく新しいことをいろいろはじめて見るという目標を立てました。英語で話す練習を毎日コツコツオンラインでやったり、大学の経済学部の授業を受講したり、データベースに関するプログラミングをやったり、サーフィンの板を短くしてみたり、糖質制限ダイエットをしたり。。。 三日坊主で辞めてしまったことも含めると毎週何かしら新しいことを始めた感覚です。

多少無理して「興味あることを、やらない後悔だけはしない」という目標を立て、実行したつもりの1年でした。この目標、そもそもロジムの生徒たちの姿を見て立てたものでした。

ロジムの生徒を見ていて思うこと、それは「学びは楽しい」に集約します。最初は大変でしょうが、大きな苦労を伴ってもそれを乗り越え、その先に到達することで楽しい思いをする、そんな生徒の姿をみていて、「楽しそうだな、うらやましいなあ」と野村も影響されて、いろいろ学んだ1年でした。

昨今「楽しく学ぶ」ブームですが、現実学びは往々にして苦しいものです。苦しくないところに学びなんてありえないと思っています。楽しさは学びの入り口ではなく、出口にあるべきです。学びの苦しさを受け入れ、時には苦しさをも楽しみ、乗り越え、その先の楽しさを謳歌できる生徒が多くいるのがロジムという塾の特徴だと思います。

来年もロジムの生徒に負けないくらい努力して、負けないくらい楽しい思いをしたいと思います。毎日いい刺激をありがとう。先生達も日々学びます。そして皆さんの学びのお手伝いに鋭意還元したいと思います。

そして、保護者の皆さん、今年も本当に、本当に有難うございました。皆様のご理解・ご指導なくしては、我々の存続はあり得ません。来年もお力添えいただくこと多々あるかと思いますが、何卒ご理解・ご協力宜しくお願いします。

良いお年を    2013年大晦日 野村

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメント

Return Top