小学3年生

本科ロジトレ 上級(レクチャー・フラッシュ)

校舎 日付 時間
A 門前仲町 7/26-7/29 14:30-16:30
B 代々木 8/6-8/9 12:30-14:30
C 代々木 8/16-8/19 10:00-12:00
料金
17,600(税込)

「ロジカルシンキング」を土台に「数」「ことば」の力を、 『レクチャー』『フラッシュ』という2つの授業形態で伸長させます。

レクチャー
「正しく考える」練習を行います。虫食い算や論理パズル、掛け算の仕組みを理解しないと解けない算数の文章題や、感情語を用いた作文など、幾段階もの仮説を積み重ねてから、やっと結論に到達する思考トレーニングを中心に行います。
「数(算数)」「ことば(国語)」の題材を用いて思考の持久力を身につけます。

フラッシュ
「速く運用する」練習を行います。「そもそも何を問われているのか」を素早く的確に理解する力を、そして、素早く選択肢を整理し、的確に知識を運用する力を養います。
問題解答数を集計したり、 チーム毎に得点を競ったり、ゲームの要素を多く取り入れ、「楽しく時間に追われる」方法で、思考の瞬発力を鍛えます。

単科算数基礎マスター・国語読解マスター

校舎 日付 時間
A 門前仲町 8/6-8/9 12:30-16:30
B 代々木 7/31-8/3 12:30-16:30
C 代々木 8/16-8/19 12:30-16:30
料金
26,400(税込)

算数基礎マスター
小数と分数について学びます。特に分数については割合の概念にまで踏み込んで分数の持つ意味を学習します。また単位の変換や文章題も扱います。

国語読解マスター
夏休みという時間を利用して、集中的に文章読解を行います。4日間連続で同じような思考作業をしていくことで、読解の思考方法をしっかりと身につけることを目的とします。また、講師との質疑応答を通して、文章全体の内容を理解してから個々の問題について考えていくことで、普段読解に慣れていない方でも無理なく問題に取り組めるようになっています。
題材としては、抽象度の高い文章や、外国や昔の出来事の話など、子どもは想像しにくい文章も取り扱います。実生活と違う状況を擬似体験することにより、読解の幅を広げます。
同時に問題を考える際の手がかりを適宜メモしながら、論理的な解答の作成の方法を学習し、50-100字程度の記述問題にも挑戦していきます。

理社入門

校舎 日付 時間
A 門前仲町 8/6-8/9 10:00-12:00
B 代々木 8/23-8/26 12:00-14:00
料金
13,200(税込)

理科分野
身のまわりの科学事象を学習します。
なぜ月が満ち欠けするのか、なぜ気温の変化が起こるのか、なぜ風がふくのか、なぜコップに水滴がつくのか、なぜ空は青いのか….身の回りの「なぜ?」を起点にした科学的思考を持つ訓練を行います。また、扱ったテーマに関して実際の入試問題を紹介・解説します。

社会分野
気候が作り出す各地域の農業や生活を考える事に焦点をあてます。
なぜ北陸地方や東北地方では米の生産が多いのか、なぜ甲府盆地ではももやぶどうの生産が多いのか、なぜわざわざ値段の高いビニールハウスを使って農作物を作るのか….
理科分野同様、教科書やニュースに登場する事柄に対し「なぜ?」という質問を繰り返し、知識を掘り下げる訓練を行います。
単純な知識暗記ではなく、「なぜ?」を繰り返すことで事象の原因と結果の因果関係を理解するという、子供たちの将来に生きる社会現象分析の基礎手法を手に入れます。

理科実験

校舎 日付 時間
A 門前仲町 7/26-7/29 10:00-12:00
B 代々木 8/6-8/9 10:00-12:00
C 代々木 8/23-8/26 09:30-11:30
料金
17,600(税込)

本講座では、水溶液を扱った実験を行います。
塩酸や水酸化ナトリウム水溶液、アンモニア水などの水溶液の性質を調べ、レポートをまとめていきます。また、水溶液を自分たちで作る手順やそれぞれの道具の使い方など、実際に触れながら『実験』というものを学びます。

「楽しかった」だけではなく、「なぜそうなるのか」という考察を重視した理科実験講座となっています。

本を読もう

校舎 日付 時間
A 門前仲町 7/26-7/29 12:30-14:30
B 代々木 8/6-8/9 14:30-16:30
C 代々木 8/23-8/26 14:00-16:00
料金
13,200(税込)

【意見文への招待】
4日間をかけて1つの作品を講師と通読しながら、意見文を完成させていきます。
1つの作品を読む中で講師が様々な問いかけをし、登場人物のその時々の心情やある場面の教訓などについてのディスカッションを行いながら、 作品の内容を深く理解します。そしてその理解した内容を前提として、自らの体験も絡めた意見文を書きます。
単なる「楽しかった、かわいそうだ」という「感想」をこえて、ある問題について自分がどういう理由でどう思ったかという「意見文」の書き方の基礎を身につけます。

夏休みの思い出になる読書感想文を一緒に仕上げましょう。

  • 課題本につきましてはこちらをお買い求めください。ロジムでのご用意をご希望の方は備考にてお申しつけください。
    きまぐれロボット (角川つばさ文庫):https://www.amazon.co.jp/dp/404631382X