ロジム講師・スタッフの考えていること

OPTION B

OPTION B

子育てにおける様々な決断の難しさは「今という時期はもう二度と来ない」という恐怖心によるものが多い。今の時期にしかできないこと。今やらないと。そういった恐怖心が本質から目を遠ざけます。1度きりのチャンスである中学受験。ここ...

●競争よりも成長への意識を●

●競争よりも成長への意識を●

合格ギリギリだなというレベルの学校を目指すことが多いのが受験ですが、入学後本人がモチベーションを維持できるかどうかをしっかり見極めてあげましょう。 一学年300人の中で6年間に渡って200番位の位置だという現実を突きつけ...

ロジムの考える良い授業

ロジムの考える良い授業

「授業」だからきちんと聴こう 「試験」に出るからしっかり学ぼう ロジムは、そういった子どもたちの姿勢をもっと前向きに変えていきたい。 学ぶ内容の「社会とのつながり」や「知的好奇心を刺激する驚き」、「視覚・触覚で感じること...

新学年のつまづきは「復習」のテクニックで超える

新学年のつまづきは「復習」のテクニックで超える

勉強におけるつまづきの多くは「復習」がうまくできていないことが原因です。 学習塾や家庭教師には新しいことを学べることを期待してしまうのですが、このためには市販の教材でも優良なものが多いです。 しかし、復習は各自が各自にあ...

お久しぶりですが大きな動きのお話

お久しぶりですが大きな動きのお話

ロジムではこの3年程「つよい心を持ってやり抜く力」を育てることの重要性とその手法について保護者会を含め様々なお話をさせて頂いてきました。そこでのお話の主な柱である「GRIT」について、つい先日邦訳本が出版されたこともあり...

こどもってよく見てる

こどもってよく見てる

自分が一番賢くて鋭くてきれいなときはいつかと考えると、5歳。大人が「子どもだからわからないだろう」と侮った言動は、ちゃんと見透かしていた。そのつもりで小さい人と接するから、真剣です。あんな大人にはなりたくもない。 ★朝日...

保護者向けおすすめ本

保護者向けおすすめ本

アンガーマネジメント 怒らない伝え方 戸田久実著 子ども達は大人の怒りに敏感です。それを感じ取ると怯えて、色々ごまかし始めます。 子ども達のそういった行動の原因の多くは大人への恐怖心からくるものです。

なんでわからないの?

なんでわからないの?

なんでわからないの? もし生徒に「なんでわからないの?」という言葉を本気で発している指導者がいたら、指導者失格です。 それを考えることが指導者の仕事だからです。 それは生徒に対して発するものではなく、指導者が自分自身に対...

子供に残せるのは教育のみ

子供に残せるのは教育のみ

「子供に残せるのは教育のみ」なんて言いつつ「教育」が「受験教育」にすぐにすり替わってしまう。貧乏な国にそういう余裕がなくなったからだろうか。国全体が儲かっていた時、試験の結果で序列を作って富を配分してきた名残か。 アメリ...

Return Top