ロジム講師・スタッフの考えていること

Read Article

ロジムの本棚で見つけた本:黄色いボール

犬のタロウが飼い主と河原に行き、そしてボール遊びのさなかに飼い主のケンとお父さんはいなくなります。タロウは捨てられてしまうのです。という話が、小学校3年生の国語のテキストに出ているのですがこれがちょうどタロウが捨てられるところまで。

で、続きがかなり気になっていたところ、おそらく同じように続きが気になっていた生徒のリクエストがあったのでしょうか、ロジムに全文掲載の絵本が置かれてたのでもちろん読みました。

ハッピーエンドを期待したのですが・・・。か・な・り、切ない。そしてこれまで体験したことのない余韻の残り方です。

本や絵本の本質が、読者がその後の人生で物事を考えるきっかけをつくるものだとしたら、この絵本はものすごく本質的です。

 

51H989P14GL._SL500_AA300_

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top