【プレスリリース】学習塾ロジム 音羽の坂こども園に幼児向けロジカルシンキングを導入


報道関係者各位                               2015年4月13日(月)


学習塾ロジム 音羽の坂こども園にカリキュラムを提供
アクティビティクラスにて幼児向けロジカルシンキングを導入


 論理的に考える力を育む学習塾ロジム(江東区 塾長 苅野進 以下ロジム)は、音羽の坂こども園(文京区代表 辻村あい 以下音羽の坂こども園)と提携し、音羽の坂こども園に通う1歳〜5歳の子供向けに、ロジム開発による幼児向けロジカルシンキングのカリキュラムを実施します。
 提携カリキュラムは、週1回30分のアクティ ビティクラスにて実施します。また、毎日の「朝の会」にて 3−5 分程度ロジムカリキュラムのゲーム として導入されます。表層的な学習でなく、子どの成長に合わせて生きる思考力・知識運用力の養成を行うロジムと、預かるだけではなく本物の学びを通して育つ学校を目指す音羽の坂こども園の方針が一致したことにより、今回の提携が実現しました。
 ロジムは、より幅広い年齢に「何時の時代でも、いくつになっても、そしてどこにいても通用する基礎学力の養成」する新たな教育の場として、音羽の坂こども園とともに、幼児教育にも力を入れてまいります。

image003

■幼児向けロジトレの特徴
 ロジムでは小学1年生から3年生を対象に低学年向け論理思考力養成カリキュラム「ロジトレ」を実施していますが、幼児でも楽しみながらさまざまな力を身につけることができる教材を開発しました。「みて、きいて、さわって、くらべてみよう」というコンセプトのもと、五感を十分に活用し、さまざまなものを比べるという作業を通じて、将来の学習や論理的なコミュニケーション能力の下地づくりをしていきます。
 論理的思考力の養成カリキュラムであることを園児が意識することなく、豊かな発想力の土台となる物事を筋道建てて考え、伝えることを楽しみながら習慣化します。
2015年前半は、さまざまなものを比べることにより共通項と差分を捉える練習ができる「おなじかたちどーれ?」、短期記憶・集中力・判断力の養成を目的とした「フラッシュハウス」、視覚と言語を関連付けから新しいことのを獲得していく「どうぶつカードであそうぼう」などを予定しています。

 

■音羽の坂こども園とは http://tsujicon.com/otowa/
 2015年4月1日に開園した、辻村人財コンサル株式会社が運営する民間の子ども園。預けるだけではなく、年齢、一人一人の成長に応じながらプログラムを組み立て、子供たちが学びながら楽しく生活をする幼児の学校を目指し設立。学びを大事にする各界のプロフェッショナルをアクティビティの講師・監修に採用。低農薬•無農薬の野菜、お米は献上米を使用、おやつも手作り、添加物もなるべく使わない園内調理。成長期だからこそ、食にも力を入れている。

image10

■学習塾ロジムとは http://www.lojim.jp
 2004年4月設立の日本初の本格的なロジカルシンキングを取り入れた小学生向け学習塾。2005年2月、門前仲町校、2009年2月代々木校を開校。2010年9月通信教材「まいにちロジム」サービススタート。2014年2月は3校目となる、桜新町校を開校。受験で終わらない「将来に生きる学力」を養成する教室として、ロジカルシンキング、およびそれを基礎とした科目指導を行う。主な著書に、苅野進著「小学生からのロジカルシンキング」(ソフトバンククリエイティブ)、苅野進・野村竜一共著「頭のいい子が育つロジカルシンキングの習慣」(中経出版)がある。

 

■本件に関する問い合わせ先
学習塾ロジム内 担当 : 野村 press@lojim.jp  TEL:03-5646-5646  FAX:03-5646-7646


カテゴリー: プレスリリース パーマリンク